お任せ税理士

税理士を独学で学ぶには

税理士を独学で目指す方は、とにかく試験勉強で指定の受験勉強をクリアしていくことが最短距離です。簿記の知識から、税金の知識まで、そのすべてを取得するには、何年もかかる場合もあります。しかし、税理士という資格を独学で取った暁には、生涯、その資格で暮らしていけることも意味します。現在は、消費税を始め、様々な税制がめまぐるしく変わる昨今でありますから、ひとつずつを勉強しながら、かつ現在の税制にも着目していくと、いざ、資格取得後の実践には役立つに違いありません。税理士資格を保有して、別の税理士のところで、修行を積む方もいれば、一人で独立する方もいます。どのスタイルが自分に合っているかを見極め、独学で有資格者の道を開いてください。そのためには、地道に試験科目をひたすらクリアするという道のりが待っています。一度取得すれば、その資格は自分自身も家族をも養える大切な資格になります。コツコツと資格取得を目指してください。

税理士試験の独学をする際の注意点

税理士試験は、難関の試験のうちの一つとしても知られていますが、これを独学で行う場合には、気を付けておくべきポイントが大きく分けて三点ほどあります。
まずは、勉強の計画を立てることです。これは、合格者がどのように勉強していたのかということを、書籍やインターネット、人伝いの情報などを利用して集めることが大切になってきます。
次に、必要な教材を買い集めることです。こちらも、合格者の情報を参考にしておくと良いでしょう。安く教材を入手したければ、中古のものを利用するといいです。ただ、法改正などに対応していないものもあるので、古すぎる教材はなるべく避けるようにしておきましょう。
最後に、勉強時間の捻出です。これは、自分が不要な時間をいかに削っていくかということが重要になってきます。
これらのことに気を付けた上で、税理士試験の独学を行うことで、合格に少しでも近づくことができるようになります。わからないことは、独学合格者を探し出して聞いてみましょう。

check

2017/4/13 更新