お任せ税理士

税理士報酬のポイント

確定申告などで税理士へお願いしている方は、税理士報酬を支払うことになります。実は、支払には、消費税も含まれていますが、もうひとつ源泉税の徴収対象になります。報酬の領収書をよくご覧頂く、税理士報酬の欄に、源泉税10.21%を差し引きされている場合があります。消費税抜きの報酬価格の10.21%は源泉税として、国へ納める税金になります。有資格者側で源泉税を差し引きしている場合は、納税者側が源泉税を支払います。源泉税も含みで支払った場合は、税理士側で支払う手順です。源泉税の金額について不明な場合は、支払い時に一度確認をすることをおすすめします。有資格者への支払は、確定申告関係の書類や届出書、年末調整などを業務を委託した場合に発生する料金です。はじめて利用される方は、まずは、料金の確認など相談をされてから利用されると、安心して、末永く有資格者への依頼を信頼を持ってお願いできるようになることを意識してください。

税理士の報酬を確認する方法

税理士の報酬には、確定申告の作成料から、毎月依頼する場合、相続税などの突発的な申告の作成など、広いジャンルがあります。およその報酬は、税理士ごとに確認をしてみないと、報酬ははっきりはわからないものです。もし、これから、新しい税理士を探して依頼したい方は、毎月お願いした場合や決算料などを一度確認してから、検討されることをおすすめします。およその作成料ごとの料金は決まっていることが多いのですが、帳簿のボリュームや業種により、多少の開きが出てくる場合があるため、具体的に、経営と割り切って、そこは報酬の確認もすることをおすすめします。税理士によっては、状況や相談に応じて、様々な対応を取ってくれるため、実際に契約する前こそ、確認するチャンスであります。有資格者と信頼できる関係を築くためにも、疑問に思うことは、事前に確認をしてください。お互いにコミュニケーションをとることが、将来的に経営にもプラスになってくるのです。

recommend

ブライダルに贈るプリザーブドフラワー

最終更新日:2017/9/13