お任せ税理士

税理士の求人をおさえるコツ

税理士が求人を出すときの、大きなポイントは確定申告の時期などの繁忙期や、欠員がでた場合です。とくに急募というときは、かなり忙しい状況で稼ぎださなくてはならないということを意識してください。税理士の求人は、日商簿記検定の資格を持つ方を希望していたり、パートまたは正社員など、条件も細かく、会計ソフトの使用経験者優遇という場合も見受けられます。資格がなくても、もしその業界を目指す場合は、勉強したり、中には、資格保有者を希望していないところもあるため、求人条件を見極めて探すことがポイントです。また簿記知識は必要不可欠になるため、資格取得を目指すことも大切です。一度、ノウハウを取得できれば、新しい税理士事務所での就職も夢ではありません。お客様との直接訪問も多くあるため、日々、勉強していく姿勢が一番求められます。税理士事務所の求人を見つけた場合は、条件をよく注意してみて、応募可能かどうかなど、よく見極めることが大切です。

大手と少人数事務所の税理士求人

大手税理士事務所は何百も顧問先をもっており、入力専門のパートさん、外回りは正社員と、 分野がわかれていることが大半です。チーム別にリーダーが付き、全くの新人でかつ若ければ、 一から丁寧に育ててもらえるでしょう。大手なので、顧問先の業種も多様で良い勉強になります。 経験者なら即戦力を求められますので転職で大手を希望するなら特に、扱っている会計システムがどこかは重要です。 経験者という事で一からは教えてはもらえないこともあるので、不慣れなシステムでは仕事ができず、 また転職活動という事もありえます。転職者は、経験のあるシステムを使っているところが良いでしょう。 個人事務所はどうでしょうか。所長一人、従業員一人という所もあります。 この様な事務所では入力から仕上げまで一人でするので、担当顧問先の事がより身近に感じられます。 社労士などの労務関係の資格もあれば、求人でも差別化が図れ有利でしょう。

Valuable information

2017/12/15 更新